読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「虐殺器官」 糞映画でした。

特に細かく語るつもりはないんだけど。

原作ファンも多いだろうし。

と思ってたけどそこそこ細かく書いてしまった。

 

面白い部分もあったよ。

SFガジェットって、やっぱり出てくるだけでやっぱり惹かれるし。

だから、世界観説明を兼ねたガジェットがたくさん出てくる前半部分はそこそこ面白かった。

 

でも後半になってストーリー進行中心になるともう見てらんない。

ストーリーが致命的に穴だらけ。

登場人物の言動も全然論理的じゃない。

細かく言ってもしょうがないけど、

「お前政府に感情から何から全部モニタリングされてるんじゃないのかよ」

「お前合理的な判断が得意だったんじゃないのかよ」

「なんでカウンセリングの効力知ってるくせに言語学スペシャリストとホイホイ話ししてんだよ」

「なんであの女の言葉を無条件で信じてるんだよ」

「なんでEDダブステなんだよ。月光にしとけよ」

etcetc...

虐殺器官そのものに関する種明かしも穴だらけで馬鹿みたいだったし。

もうツッコミがとめどなかった。

席が真ん中じゃなかったら抜け出してた。

 

まぁね、私にとって最近ドストライクだった「シンゴジラ」「この世界の片隅に」なんかもストーリーが完璧だったかって言うと、そうでもないよ。

 

でも上記の2映画はとにかく演出がすごかったんだよね。

勢いで持っていかれた。

だから映画見終わったあとの満足感はすごかった。

 

虐殺器官」の場合、序盤は演出良かったのよ。

特に月光をBGMに進んでいくシーンは良かった。

でも後半になるとそんな演出もなくなってきて、もう見てらんない。

(かと思えば最後の最後で、演劇で見るような大仰な演技を突然始めたりするんだけどね。

ラストのホテルの一室でのやり取りは本当に見てらんなかった。

そして女はどこから出てきたんだよ。舞台袖からか?

エリート戦闘員のガバガバクリアリングにも呆れた。)

 

基本的に、エンターテイメントである映画のストーリーに完璧な合理性なんて求めてない。

完璧の判断基準も個人次第だしね。

それにエンターテイメントと合理性を両立できる優秀な脚本家なんてどうせ存在しないんでしょ。

なので、演出。

 

どんな糞映画だって、一箇所でも凄く光る演出があったらそれだけで見る価値はあったと思えるもの。

なのに演出って脚本やキャストに比べて批判の槍玉に上がらないよね。無いわけじゃないけど。

 

虐殺器官も、良い演出はあったのだけど、凄く光る、と言うほどではなかった。

ストーリー重視にしたかったのかな。

大失敗してるけど。

「この世界の片隅に」見た。泣いた。

この世界の片隅に」見た。

というわけで映画見た人にしかわからないような感想を書く。

 

そもそも、この手の映画(感動特化型)って基本的に見ない派なんだけど、

やたらとこの映画を持ち上げまくる記事(凄いところだと「宮﨑駿や新海誠よりすごい監督が出てきた」的な)を見てきたので、なんとなくふらっと豊洲まで足を運んだわけです。

 

私は基本的に映画で泣く事なんてなかなか無いんだけど、今回泣きました。

どのシーンがどうこう、とかじゃなくて、映画全体の持つ熱量に押されて泣いた感じ。

 

そりゃあ、「あ、ここで泣かせに入ってるんだろうな」ってシーンはちょこちょこあるよ。

でも本当に泣けてくるのは、そういった感情的なシーンが終わった後に、日常的なシーンが普通に差し込まれてくるところね。

そこでこれまで沢山流れてきた日常シーンが、凄い熱量になって流れ込んでくるわけよ。

 

普通の人間って感情を吐き出した後、急激に通常のトーンに戻るよね。

でも実際は感情を押し殺しているわけで、感情を吐き出した後は通常状態になる以外に行動のしようがないんだよね。

それがとても涙を誘うわけよ。

 

本来ならここでその他大勢の映画のクソショボ感情表現演出を批判しても良いんだけど、せっかくの余韻が汚れるのでやめる。

 

あとはあれかな、表現が多彩でよかったね。

主人公が絵描きで芸術家気質があるもんだから、夢想的な表現が多かった。

その表現の意図というのが常に一方向(脚本の意図が透けて見えるようなやつ)を指しているわけではなくて、主人公の心象風景をそのまま垂れ流している感じでよかったね。

例えば、主人公が落ち込んでいるところに、その頭をやさしく撫でる顔の見えざる大きな手。

これ、普通は想い人の手だよね。

またはその後主人公と親密になるキャラクターの手。

でも違う。

嫁ぎ先のお父さんの手。

かといってその後お父さんが活躍しまくるかといえばそうでもなく、過去にお父さんとの決定的なエピソードがあったわけでもなく、ただ「その時頭を撫でてくれたのがお父さんでそれが主人公にとってとても印象的で、それでとても救われた」から。

すごくリアル感出てて良いと思う。

 

最後に、好きなシーン2つ。

1. 最初のシーンで、船を降りた後に風呂敷で包んだ重箱っぽい荷物を背負う所。

一度壁と背中の間で重箱を挟んで固定してから、風呂敷の端を首の手前で結んでうまいこと背負うシーンね。

ああいう日常動作を流れ作業的にテキパキこなすシーンは実写だろうとアニメだろうと不可欠だよね。なんか省略される事が多いけど。

この映画は「日常」に焦点を合わせた映画なんだけど、そのなかでもこのシーンの日常感は郡を抜いて好き。

初めの方のシーンということもあるけど、「ドジ」とラベルの貼られたキャラクターにもかかわらず器用な作業を難なくこなしているのがとても印象的だった。

「この映画ではキャラクターはストーリーを進めるための道具ではなく、この世界で生活している人間なんだな」と初めて感じたシーンだった。

そしてその感覚は幾つものシーンで何度も味わうことになる。

 

2. この映画で最後にセリフを発するシーン。

好きと言っておいてあれなんだけど、最後のセリフちゃんと記憶してないんだよね。

「あの子の来ていた服、着れるかしら」だっけ。たしかそんなセリフ。

あの言葉を言う時、お姉さんは何を思っていたのだろうと考えると泣けてくるが、

当の本人はきっとある程度克服していたはずなのと、新たな同居人のお目見えという特殊イベントの流れに押されてその言葉が出たのだろうと思う。

あの服を取り出してからセリフを発するまでの時間に、私は少し身構えてしまった。

しかし当然、それは無駄な身構えだった。

あの世界の住民が、あの場で感情を吐露するはず無いのだから。

そこは私達の住む世界と地続きになっているもう一つの世界であり、創作の世界にありがちな違和感とは無縁の世界なのだから。

 

こんな感じ。

演劇好きな人なんかは合わないんじゃないかな(偏見)。

地味な表現多いし、演劇好きって露骨な感情表現が大好きで違和感とか感じないんでしょ(超偏見)。

そういう人から見たら退屈な映画なんだろうと思う。と見えないサンドバッグを殴りつけておく。

逆に演技過剰な邦画やらが大っ嫌いな人には合うんじゃないかと思うよ。

純粋挨拶不要論

挨拶の必要性に関する個人の認識って親の教育に依存するよね。

なのに「挨拶しない=人として最低」って言う人いまくるよね。

 

私は両親からそういった教育を受けてこなかった人であり、おそらくそれが大きく影響して挨拶不要派に属している。

とはいってもあらゆる挨拶が不要だと思っているわけではない。

 

この記事を書いた意図は私が言いたいことを言いたいから。

別に誰も言ったことのない新しい論考をするつもりはなく、おそらくどこかで言い古された論だと思いつつ書いてゆく。

きっかけは転職先の社長が挨拶大好きおじさんだったこと。

と、これ。

b.hatena.ne.jp

あと会社の清掃員が嫌々感を出しまくりながら義務的な挨拶するのがすごく不愉快だったから。

なお、きっかけと意図との関連は無い。

 

  ◆  ◆  ◆

 

私が努めている会社は数千人規模のそれなりに大きな会社なんだけど、

その会社の社長が社員に向かって「私に挨拶しろ」って言ってるわけよ。

まぁ、するわけないよね。

 

挨拶はコミュニケーションだって言う人いるけど、私は挨拶はコミュニケーションに入らないと思ってる。

この時点で私と考えの異なる人が沢山いるんだろうと思う。

ただ、残念ながら私は挨拶しただけで「あぁ、コミュニケーションしたなぁ」と感じたことはない。

この感覚は個々人の幼少期の教育に起因するのかもしれない。

というわけで、これ以降の話は「挨拶はコミュニケーションに入らない」を前提として話を進める。

 

私にとっての挨拶とは、コミュニケーションのきっかけである。

初対面の人と話をする時に挨拶なしにコミュニケーションを取ることはない。

気心知れた間柄でも、形式張った形ではないものの何らかの形で挨拶と同様の機能を果たすアクションや言葉でコミュニケーションのためのきっかけを作成している(「ねぇねぇ」とか、肩を叩く、とか)。

 

「その人と関わりのない状態」から、「その人とコミュニケーションを取っている状態」へと遷移するために必要な中間状態が挨拶である。

 

では、社長に挨拶をしてコミュニケーションが成立することはあるだろうか。

10000000%無い。

社長は一般社員の事などいつのまにかに湧いて出てそこらじゅうを這い回る虫だと考えているのだろうし、おそらく目を合わせてくれることさえ無いだろう。

当たり前だ。

身分が違いすぎるのだから。

 

特に日本とはただでさえ他人とのコミュニケーションが発生しない文化だ。

身分の違いがあればなおさらである。

 

故に人間関係がフランクな国では挨拶が盛んなのだろう。

海外では偶然エレベータで乗り合わせたとか、そんなきっかけで他人との会話が始まったりするらしいし(ソース不明)。

だったら挨拶するよね。

 

なので、どうしても社員に挨拶させたい社長はそこらじゅうの社員に片っ端から話しかけて、天上人たる社長さんともコミュニケーションが発生しうるということをアピールすればいいんじゃないですかね。

そしたら挨拶されますよ。

社長がそんなことするなんてありえないけどね。

 

以上が社員目線の話。

 

じゃあ社長目線からなぜ挨拶を要求するのか考えてみると、多分

「社員に無視されるのが嫌だから」なんだよね。

そりゃ自分の会社で社員に無視されるのは嫌だよね。

でも社長は自分の会社の社員なんて虫ケラか何かだと思ってもいるんだよね。

その心情を悪意を持って翻訳すると、

「私はあいつらのことなんてどうでも良いが、あいつらは私を崇拝しなければならない」

ってことになるんじゃないかな。

まぁ、仕方ないよね。

社長がいないと社員は困るが、社員が一人二人消えたって社長は困らない。

で、

無視されるのが嫌

 ↓

無視以外の行動を取れ

 ↓

挨拶させよう

という思考回路で挨拶に行き着いたのだと思われる。

つまり、挨拶の後のコミュニケーションを期待した挨拶ではなく、「我々はあなたを無視していませんよ」という意思表示のための挨拶。

このタイプの挨拶を求めているのであれば、社長に対しての「社員とコミュニケーション取れば挨拶されますよ」なんてまったく明後日の方向のアドバイスだよね。

 

私にとっては最初に話した「コミュニケーションのための挨拶」というのが挨拶たるべき挨拶で、「意思表示のための挨拶」とは別の名前がついてほしいとさえ思う。

このタイプの挨拶は本当に何の意味もない、いわゆる「挨拶のための挨拶」だ。

 

で、私はこの手の挨拶が大嫌いだ。

子供やビル清掃員がただの義務でこういった挨拶をするのは不愉快極まりない。

店でもそうだ。

コンビニや飲食店のような店員とのコミュニケーションが発生しうる状況での挨拶なら良いが、ブックオフなんかでは客が誰も入ってきていない状態でも既存の客に対して「いらっしゃいませ」と言う。

社長も寂しいのは我慢しろ。

マンション住人もどうせ子供とコミュニケーション取る気なんかないんだろ。挨拶なんてやめちまえ。

 

なので、「挨拶もできないとは社会人失格だ」と言われているのを見るとゲンナリする。

 

まともな教育を受けた人はそんな事は感じないみたいなので、言ってもどうしようもないことだけど。

 

挨拶の起源としてはどちらが先なのだろう。

とか思うけど興味もないのでここで終わる。

 

この記事のタイトル、不要論とか言ってしまったけど、論じゃないね、これ。

シン・ゴジラ 良かったんだけど...

シン・ゴジラ 見てきた。

本編開始前にクッソ陳腐な映画の予告編を半ば強制的に見せられたのはものすごい苦痛だったが、本編はめちゃめちゃ面白かった。

この映画って、やっぱりとっても語りたくなる映画なので、語る。

うろ覚えな記憶を基に語っているので間違いはいくつかあると思うけど、語る。

 

まず、邦画お決まりの糞寒いテンプレが少なかったのがとても良い。

デモに対してノーリアクションで眠り続けたり、

総理一行の死を知らされても誰一人瞳孔開いてプルプルしながら「嘘だろ...」って呟かなかったり、

馬鹿でもわかる綺麗事をピアノアレンジBGMをバックに叫ぶ奴が一人もいなかったり、

一人がセリフ喋ってる間に他の人間が棒立ちじゃなかったり、

etcetc...

 

冒頭のシーンで、海に赤い液体が浮いているっていう描写もとても気持ち悪くて良かった。

その後のしっぽもすごく不気味で良かった。

ゴジラ第一形態の気持ち悪さもすごくツボを突いてくる気持ち悪さだったし、

最終形態での大暴れシーンは本当に絶望的だったし、リアルに描かれた人間や社会がそれに立ち向かう様は本当に素晴らしかった。

 

ただ、概ね良かっただけに、ものすごく残念な箇所が一点あったのが悲しい。

ゴジラの遺伝子数が人間の8倍で、「地球上で最も進化した生き物」って言ってた箇所。

あれは、ないだろう。

遺伝子数と進化度合いの間に関連性がある、というのは創作でありがちなミスの典型例として広く知られているものと思っていたのだが...

仮にこれが「人間の100兆倍の遺伝子数」とか言われたら、私は「人智を超えた生物なんだね!」って理解を放棄して納得してしまうので、そこんとこもう少しぶっ飛んでいて欲しかった。

 

あと小さな残念ポイントを上げるなら、こんな感じ。リアル志向な映画なので、細かい点をあげたらきり無いけど。

・ノーパソでなくて、デスクトップPCでマルチディスプレイで作業する研究者が一人くらい欲しかった(移動に不便なので非現実的だけど)

ゴジラの目を狙って欲しかった

ゴジラが放出した熱量を何かと比較して欲しかった

・冷却液がホースから発射されてゴジラの口の中に入っていく描写が欲しかった

・冷却液を射出する車両は東京駅以外にも多数配置されていたはず。そこを描写して欲しかった

ゴジラの倒れる位置を予測して伝達する描写が欲しかった

ゴジラが凍るシーンでは皮膚を薄青くして氷っぽさを演出する必要はなかった

ゴジラの体温が下がっていくシーンをサーモグラフで見たかった

他にもいくつかあった気がするけど忘れた。

 

あと個人的には石原さとみがすごく要らなかったんだけど、最低限の華がないといけないのだろうし、最後のシーンが無いと映画的に締まらないので仕方がないのかな。他にもっとうまく演じてくれる人はいる気がするのだけど。

ただ少なくとも、

ゴジラ、まさに神の化身ね...」(うろ覚え)

は要らない。絶対要らない。

あれはこの映画に組み込まれた数少ない糞寒邦画テンプレセリフだった。

 

ちなみに一番好きなセリフは

「動くの!?」

「そりゃ生物ですから」

考察するふりだけする奴の気持ち悪さについて


news.nicovideo.jp

 

この記事がクッソ気持ち悪かったので毒抜きのために愚痴愚痴言います。

 

何が気持ち悪いかって、「俺は中立派なんで、賛成反対どっちの意見もニュートラルに聞きますよ」ってこれみよがしに主張してるところね。

で、結局

「判断つかないね。閉廷!」

で終わってること。

 

道徳の時間じゃねんだよ。

 

「小中高の教員にありがちな誰も傷つけないように気を遣った話し方」というのが元来大嫌いなので、それを思い出してとても気分が悪くなりました。

 

ネットとTVの乖離を紹介するという体の記事ならともかく、

記者という個人を記事の登場人物にして色々考えてるふりして終わるって、とても糞だと思います。

 

記事の流れはこんな感じ

 

ネットでは鳥越にたいしてこんなこと言われているよ。不評だよ

記者「同感するところが多いのである」

ところがTVではその逆だよ。好評だよ

記者「私やネットの意見はひねくれものなのか。」

記者「投票まで特になにもしないで静観するよ。」

 

記者、何も考えてないよね。

 

ネットの意見に同意する理由は「意見の内容に同意したから」で、

TVでの評判から「私やネットの声はひねくれ者たちの雑音にすぎないのだろうか」って判断した理由は、コメントを出した有名人が「百万人単位の視聴者が欲しがっている言葉を口にすることでテレビに出続けている、世間の空気読みのプロ」だから。

 

こいつ、何も考えてないよね。

 

で、具体的な考察するのが難しいかって言うとそんなこともない。

だってネットとTVで見てる所違うんだもん。

記事内で挙げられたネットやTVの引用文を見ると、

「ネットでは実務能力を問うていて、テレビでは人柄を問うている」

という視点の違いがあることは明白。

こんなん中学生でもできる考察だろうに、

なにが「こういうときは政治から距離をとろう。」だ。

 

ネットでは選挙後に焦点を当てていて、TVでは選挙自体に焦点を当てている、という見方もできる。

TVでの反響にしたって『TVタレントはその職業の性質上、人が人を評価する際に好感度というものがどれほど大きな影響を与えるのか、嫌というほど知っているはずだ。故に実務能力以上に好感度の評価に重きをおいているのではないか。事実、前都知事は...』

的な事言えるんじゃないのか。

実際のところは誰かの操り人形になってるだけかもしらんけど。

 

両者の意見に焦点の違いがある以上、考察の方向性はいくらでもあると思うし、どっちつかずの結論に持って行くにしてももっとやり方があっただろう。

 

記者自身の意見を何も言わず、他人の言葉だけ紹介するだけなら最初からそういう形式を取れ。

「同意するところが多い」とか「私はひねくれものなのか」とか、何も言ってないのと同じだろう。

 

他人の意見だけ紹介だけして、記事の締めに

情報集めをするとまた何か言いたくなるかもしれないので、都知事選の話題は7月31日の投票日までの間、紙の新聞をゆっくりめくるだけにする。

って、クソ過ぎませんかね...。

"また何か言いたくなるかも"って、今回の記事でも何も言ってないのと同じなんですが。

 

 

こんな記事書くと「この記事自体も何も言ってないというオチ」みたいなメタネタ言いたがる奴多いですけどね、まぁ、なんというか、特に良い返す言葉はありません。

nuro光にしたらkindleのwifi繋がらなくなったけど治ったよって話

結論: kindleの電源ボタン40秒くらい押して再起動させたら繋がるようになったよ。

おわり。

 

以下どうでもよいこと。

 

実家の回線すこぶる遅かったんでnuro光にしたんですよ。

爆速らしいからね。

で、実際速い。

 

steamでゲーム買ったら30分とか常識的な時間でダウンロード終わる(以前は14時間とかざら)。

でも断続的に接続が切れる諸刃の剣。

本読んで、気になる単語google検索して、「ネットワークが切断されました」ってなって気が滅入る事になる。

電話で問い合わせても「リモートでは特に問題ありませんでした」って返される。

 

それはどうでも良いんだけど、

大きな問題はkindleが繋がらなくなってしまったって事なんですよ。

kindle voyage。

そういえばvoyageっていやらしい言葉じゃなかったかしらと調べてみたら、

「ネットワークが切断されました」。

やんなる。

結局の所、voyeurと勘違いしていただけでした。ごめんねamazon

この勘違い、結構あるあるなんじゃないかと思う。

 

で、amazonにはチャットで問い合わせ受け付けてくれるシステムがあったので、

そこにヘルプを求めたら一瞬で解決しました。

解決法は冒頭に書いたとおりなんですけどね。

個人的に調べてもこの解決法に至らなかったのでブログとして残しておくことにしました。

 

これって、以前の接続先をキャッシュで持ってて、それが悪さしてることなじゃないか

って思う。

チャットで担当してくれたamazonの人は誤作動って行ってたけど、バグでしょ。

よくわかんないけど、長いこと同じ接続先にwifi繋いでるとヒープのold領域にwifiの接続先情報がキャッシュされてしまっているので、接続先変えても反映されないんじゃないの。

だから端末を再起動してキャッシュ再構築しないといけないのでしょ。

と思った。

 

実際どうなのかは知らんけど、過去に「kindleDHCP接続がうまくいかない」みたいな不具合があったそうなので、技術的な面で不安があるのは確か。

 

まぁ治ったから別に良いんですけどね。

邦ドラマへの愚痴

さて、多分既に一億三千万回くらい書かれてきたであろう内容。

 

実家に戻ってきた今年の五月くらいから、夕食時には親が見ている邦ドラマを強制的に見せられる。

それが糞つまらないので愚痴る。

 

実家でこれまで見てきたドラマってほとんどが台詞で泣かせようとしていた。

それが嫌。

 

それで感動できる人はそれでいいのかもしれんけど、感動って、その場で起こるものじゃなくて過去と現在と未来が連携して起こるものでしょう。

 

で、邦ドラマの長台詞ってその場だけを切り取っても理解できるように、感動するための理由が台詞の中に押し込まれてる。

本当に糞だと思う。

登場人物の発する長々しいヒステリックな説明を主題歌のピアノアレンジに乗せて聞いて、「あ、ここ感動するところなのね。こういう理由だから感動すればいいのね。なるほどなるほど。じゃあ私感動しますよ」という思考を強制させられているように感じる。

 

具体的な中身は全く記憶していないので、以下に簡単な例を書いてみる。

 

A「目玉焼きにソースかけるわ」

B「ふざけないでよ!!(ヒステリックボイス)」

(A,目を見開いてBを見る)

(主題歌ピアノアレンジ開始)

(少し間を置く)

B「ふざけないでよ…(震え声)」

(少し間を置く)

(B, Aのことを見つめる)

B「貴方約束したじゃない…君の作ってくれた料理は美味しいって、君は料理がうまいって…あれは嘘だったの…?本当のことじゃなかったの…?私ソースなんて作ってない…目玉焼きしか作ってない…(一言言うたびに少し間を置く)」

(B泣き崩れる)

A「いや、そんなつもりは…」

(スーツ姿のC,スクっと立ち上がる)

C「いえ、Bさんの言うとおりだと思います。」

A「C…」

C「Aさん、Bさんがどれだけ頑張って目玉焼き作ったと思ってるんですか。

貴方のことを、どれだけ心に思って目玉焼きを作ったのか、ご存じですか?

昨日の夜から、私に何度も言うんです。『明日目玉焼き、あの人に作ってあげるんだ、喜んでくれるかな』って…。

私、そんなCさんを見るの初めてでした。

ほんとうに嬉しかったんだろうな、Aさんの事好きだったんだなって、正直羨ましいくらい。

だから、あなたにBさんのことをとやかく言う資格なんて、ありません」

(AとC、ともに顔をゆっくり回転させてBの方に向ける)

(少し間を置く)

A「ごめんな、B。お前の気持ち、気づかなくて。」

(A、Bを抱きしめる。A、泣く。B、更に大声を出して泣く)

 

まぁここまでわんわん泣いたかはあやふやだけど、おおかたこんな感じ。

普段邦ドラマ見てる人なら上記を実写化してもさしてストレスなく見れるのではないでしょうか。

 

あと、普段の生活でもに美男美女や権力者が大声を出して主張した内容は面と向かって非難しにくい空気があるので、こういったシーンが嫌いなのはそれも大きく影響しているのかもしれない。

 

日本のドラマでもtrickなんかでは言葉少なで良かったと思うけど。

 

あとは役者の演技がすごいテンプレ化しててすごく臭いこと。

長台詞がとんかつの衣だとしたら、演技が臭いのは肉の部分かな。

・ふてくされたときに頬をふくらませる

・びっくりした時に最初の文字を繰り返す。例)ラ、ラ、ラーメン!?

・落ち込んだらため息

・怒ったら胸ぐらをつかむ

・おちゃめな行動の後には舌を出す

etc...

 

キャラクターもそう。

・姉御キャラ

・年下だけど言いたいことははっきり言うキャラ

・自分から何も主張しないけど実は実力あるキャラ

・主人公に文句を言いつつも一目置いてる上司

・主人公を心の底からバカにしている上司の上司

・世の中のこと知ってる系女子

・俺様キャラ

etc...

同じキャラでも描写には多様な方法があると思うんだけど、毎回似たような台詞と似たようなしぐさで登場してくるのは何故だろう。

パターン化されてないと一般的な視聴者にはウケが悪いのだろうか。

trickについてもキャラのパターン化は否めない(天丼ネタはいいとして、それ以外の部分で)

 

で、この手の記事には大体「邦ドラマに限らず海外ドラマだって~」みたいなコメントがよく付いているよね。

確かに海外ドラマだってパターン化されているのかもしれないし、有象無象から良い作品だけが日本にやってきてもいるのだろう。

 

でも、海外ドラマは基本的に自分で見たいの借りて見るんだもの、文句は出にくいだろうさ。

邦ドラマについては、現在のところ強制的に見させられる環境にあるのだから文句も言いたくなる。

そういうこと。

 

あと、プログラマーとして半年前に未経験で入っておきながら、ここ一ヶ月くらいまともに勉強してない。

やばい、と思いつつスカイリムのアイコンをクリックしてしまう毎日。

一度そういうパターンができてしまうとなかなか抜け出せない。

 

私はやばいやばい言いながらいつも結局頑張らないけど、邦ドラマ製作者はパターンから抜け出せるように日々頑張ってください。

 

以上。