読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の考えは世間一般に比べて右寄りだと感じた話

武藤貴也twitter、荒れてますね。

 

ブログの方はどっからどう見てもクソ意見なのでどうでもいいんですけど、

はてなブックマーク - 日本国憲法によって破壊された日本人的価値観。|武藤貴也オフィシャルブログ「私には、守りたい日本がある。」Powered by Ameba

 

コレ↓。なんで叩かれてるのかわからん。

b.hatena.ne.jp

以下の話は集団的自衛権とかアメリカがどうとか中国がどうとかそういうのは抜きにして、単純に戦争という行為について考えた場合の話ですよ。

(そういう前提が他の人と共有できてないおそれがあるので予防線を張っておく)

 


 

「戦争に行きたくない」なんて理由で戦いを放棄し続けてどうするんでしょうね。

彼らは武力のもたらす抑止力やら最終的手段としての有効性を軽視し過ぎじゃないですかね。

って思ってたら、ネットでは批判まみれでびっくりしたって話。

 

誰だって戦争に行きたくないのは当たり前で、でも他国から責められた際にどうするの?って時に、以下の2つの選択肢があると思うのです。

1. 【とにかく戦わないよ】他国から侵略されようが何しようが戦争はしたくないので、その場合には黙って殺されるか捕虜になるか、逃げ続ける等。

2. 【やむを得ない場合には戦うよ】自分の国がなくなったり周囲の人間が敵国にいいようにされるのはどうしても嫌なので、最終的な選択肢として戦う事も視野に入れる

 

私は2を迷わず選択する。

で、ネットで見てると意外と1.を直接的に発言している人が多い。

で、先の発言が叩かれている以上、そう思っている人は多いのかなぁと思う。 

 

個人的な感覚としては、以下。

「自分の家に泥棒が入ってきて、自分の家を壊したり家族を殺したりしました。

その家は自分が生まれる何百年も前からあって、家族ともずっと一緒に暮らしてきました。

私はそれが許せないのでどんな手段を使ってでも阻止します。

その選択肢の一つには相手に暴力をふるうことも存在します。」

 

で、戦争したくないからしない、って意見の人たちはそこであっさり逃げ出せる人なんだろうなと。

まあ生存することを第一に考えればそれが正しいんでしょうね。

 

だから彼らと議論を交わす事があっても、絶対に話はかみ合わないでしょうね。

私の意見はただの意地というか、プライドの話になっていて、

彼らの意見は生命としての根本、生存本能の話に行き着くのだと思う。

 

まあ、プライドの話も突き詰めれば種の保存の話に行き着くんですけど。

上記の戦争についても日本民族の維持の話には帰結できるのかもしれませんが、最近そういう意識は希薄になっているのであまりピンときません。

ので以下に例え話

 

宇宙人から侵略された時に、隠れて怯えて暮らすか、隠れて反撃の機会を狙うか。(この話も集団的自衛権の話とは関係ありません。ただの空想です)

で、穴ぐらでは「戦争なんてしたくない!」っていう意見と「お前ら今のままでいいのか、俺はなんとか手を見つけて戦うぞ!」って意見があるわけです。

ここで、後者の意見は完全に人類としてのプライドから出ている言葉ですが、その根底には種の保存のため、という意識が存在しています。

穴ぐらの食料は限られていて、このままでは10年位で足りなくなるわけです。

それにいつ宇宙人が隠れ家に攻めてくるかもわからない。

人類が生き残る可能性としては当然戦うほうが高いわけです。

隠れ続けて人類が生き残るには、夢物語が実現されるしかないわけです。

「外交でなんとかなるはずだ(根拠なし)」

「いずれ撤退するはずだ(根拠なし)」

「いずれ和解できるはずだ(根拠なし)。だから相手を刺激するな」

「いずれ第三勢力が現れて助けてくれるはずだ(根拠なし)」

などなど。

そこでは種の保存を優先させるか、自分の命を永らえさせることを優先させるか、派閥が別れて戦うわけです。

で、「もしかしたら外交でなんとかなるかもしれない。しかし戦闘も視野にいれるべきだ。とりあえず今は様子見すべきだ」みたいな中立的派閥がいるんでしょうけど、私としてはそのポジションが一番人を集めるだろうと思っていたんですね。ここまで人類の存亡がかかってれば、そりゃ戦闘行為を視野に入れない訳にはいかない、かと言って積極的に戦争行為を行うのもどうなんだろうと。

でも今回の炎上の件から察するに、「自分の命~」の方につく人が多いのだろうと予想。

まぁそういう流れなんでしょうね。

 

私は中立的立場だと思っていたのですが、ネットで大勢を占める意見に比べて

右側に寄っていた、という話でした。

「だから何?」って言われても困るんですけど。

別に考えを変えるつもりも無いですしね。

 


なんか若干注目されてるみたいなので、念のために追記。

この記事で言いたかったのは「戦争したくないからしない」って意見を支持する人が多かったからびっくりしたって事だけ。

安保法案に賛成とか反対とかそんな話とは関係のない話。

安保法案について議論するときに戦争について論じること自体ピントがずれているとか何とか、そういうお話についても関係ありません。

当たり前ですが、安保法案に反対してる人が皆「戦争したくないからしない」と考えてるなんて思ってません。

まあ、リアクションが安保の是非の話になるのは題材の性質上仕方がないんだろうけど、とりあえず言っておくことは言っておきます。

以上。