吐き気を催す邪悪

 

ch.nicovideo.jp

以下、抜粋を抜粋。

高須 僕が包茎ビジネスをはじめるまでは日本人は包茎に興味がなかった。僕、ドイツに留学してたこともあってユダヤ人の友人が多いんだけど、みんな割礼しているのね。ユダヤ教徒キリスト教徒も。ってことは、日本人は割礼してないわけだから、日本人口の半分、5千万人が割礼すれば、これはビッグターゲットになると思ってね。雑誌の記事で女のコに「包茎の男って不潔で早くてダサい!」「包茎治さなきゃ、私たちは相手にしないよ!」って言わせて土壌を作ったんですよ。昭和55年当時、手術代金が15万円でね。

 

おさむ えぇーーー!! じゃあ世の男性はみんな高須さんのサクリャクにハマったってことですか!?

 

高須 ですね(笑)。まるで「義務教育を受けてなければ国民ではない」みたいなね。そういった常識を捏造できたのも幸せだなぁって(笑)。

 

世の中、上の人間を騙したもん勝ち。

そんな例は山ほどあるけど、これほどまでに身近で、誰もが薄々おかしいと感じているにもかからわず、誰も言い出せない、そんな気持ち悪さを生み出している奴、それが吐き気を催す邪悪というやつじゃあないのか。

以上。